革のポーチを手入れのプロが磨くとこうなる

革製品を身につけているとそれだけでオシャレ度がアップしますし、気持ちもシャキッとしますよね。ちょっと自分が出来る大人になった気持ちになります。革製品のオシャレですと、靴やバッグ、コートやベルト等いろいろなアイテムがありますが、中でも革のポーチは若い世代を中心に人気が高まっております。大きさもちょうど良く使い勝手が良いし、その大きさゆえにお値段も納得行けるものが多数手に入りますから。しかし、ポーチと言っても革製品ですから日頃のメンテナンスは大切です。このメンテナンス次第で革の味が滲み出てきますし愛着も湧いて、ますます大切に使おうとゆう気持ちになります。では、日頃のメンテナンスとはいったいどうすれば良いのでしょうか?ポーチの丸洗い?それはできませんよね。

自分でお手入れしたらどうなるの?

ポーチのお手入れは基本、まず汚れを落とす事です。柔らかい布で擦ってあげましょう。細かい部分や縫い目の部分には革専用のブラシを使って汚れをかき出します。日常やお出掛け時に使っていると、どうしても濡れてしまう事がありますね。革製品に水分は厳禁と思われがちですが、普段から適切なお手入れをしていればそれほど気にすることではありません。水に濡れてシミになってしまった時には、水に濡らしてから絞った布で拭いてあげるとシミが目立たなくなります。日常のお手入れの最後にオイルを塗って拭きあげればメンテナンスは終了です。日々のお手入れで革のポーチが長く愛用出来るものになるのか変わってきます。ちなみに革のポーチは保存している時が一番痛むのです。意外ですよね。ですからどんどん使って下さい。

プロならワンランク上の磨きに仕上がります!

ポーチを利用していると傷がついてしまう事がありますよね。また、色褪せたり一部分だけハゲたり退色してしまう事もあります。これではファッションポイントと使用する事に躊躇ってしまうでしょう。オイルを塗りこんでも元の艶には戻りません。塗りすぎも良くありませんですからね。そんな時は、プロに任せましょう!革の事を知り尽くした職人ですから、色が抜けてしまった所には染色を施してくださいますし、縫い目のほつれも直してくれます。革のポーチを洗浄してくれますので、手あかや汗や油分等の汚れはすっかり落ちます。洗浄や染色はプロの長年培った職人技ですね。オイルをしっかりと染み込ませて磨きあげられた革のポーチの仕上がりは、まさに新品同様です。日々のお手入れはご自身でされて、時々はプロに任せると一生ものの革のポーチとして長くご使用頂けます。